雑記

原付(50cc)に乗っていると原付(125cc)に乗りたくなった話【原付購入レビュー②】

一ヶ月前に人生ではじめて二輪(原付)を購入した。将来的にはバイクに乗りたいと考えていたのだが、まずは原付で本当に自分自身バイクに乗りたいのか、という点を自問自答するという目的も兼ねて購入してはや1ヶ月が経過した。

あいも変わらず原付にはほぼ毎日なにかしらの形で乗っているのだが、1ヶ月も乗っているとやはり心境の変化が出てくる。

今回の記事では原付デビューした社会人が1ヶ月ほど原付に乗った感想などを共有していく。

ツイッターやってます。お問い合わせはこちらから。

仕事場が徒歩圏内の社会人が原付を購入したらアクティブになった

3~4日乗っているとやはり心境は変わるもの。今では心底楽しいと思いながら、ストレス解消がてら原付でドライブをしている。

とにかく、普段の車同様交通の乱れさせないということに着目すると、原付への気持ちが一気に楽になった。土日には行く意味がないほど遠いスーパーに行ったり、お酒のつまみが少なそうなときには「まあ原付があるから最悪飲む前に買いに行けるな」と思える気持ちの軽さから、本当にアクティブになったと思う。

—-仕事場が徒歩圏内の社会人が原付を購入したらアクティブになった話【原付購入レビュー①】より

ブログをはじめて良かったな、と思ったのがこの「コラム」カテゴリー。こういった日記のような記事もたまに挙げているので、自分が当時どういう心境だったか、というのがわかりやすい。

ということで原付を購入して2週間の時点では上記のような心境だったらしい。詳しくは記事本編を確認してほしい。

仕事場が徒歩圏内の社会人が原付を購入したらアクティブになった話【原付購入レビュー①】社会人、あるいは大学生、もしかすると高校生から購入するであろう原付だが、筆者の場合は社会人歴5年目ではじめて自分のお金で乗り物を購入した。それが原付で、つい2週間前の話である。 今回の記事ではどんな事が原因で原付購入に至ったのか、購入してどう感じたのかについて語らせてほしい。...

道によってはストレスを感じる

では購入して一ヶ月たった今はどう感じているの、という話なのだが実際今は道によっては走ることにストレスを抱いている。2週間経過時点では気づいていない重要な点がある。

とにかく、普段の車同様交通の乱れさせないということに着目すると、原付への気持ちが一気に楽になった。

ここ。当時は本当に気が楽になった。車ではあまり意識していない(飛ばすタイプじゃないよ)制限速度。40km制限の道でも場合によっては~45km程度スピードが出てしまうときもある。

この考えに原付も当てはまるじゃないか、という至極当然のことに気づいてからは、道で車の妨げになっている割合が減ったのではないか、と気持ちが楽になっていた。

しかし、実際はというとそんなことはなく、原付が35kmで走ろうが40kmで走ろうが車にとってはストレスそのものなのだ。

やっぱり60kmは出したい

原付2種(~125cc)に思い焦がれる

「街の中だと原付はいいね」という意見をよく聞くが、これは確実に田舎の話だと個人的に思う。というのも僕の自宅周辺はそこそこの道が多いからトラックが1日中走っている。

そんな中で原付が入り込もうものなら向こうもストレスがすごいだろうし、こっちもプレッシャーがすごい。

そんな中で、大型バイクの免許よりも遥かに取得が楽な免許を知った。それが原付二種とよばれる、小型二輪免許だ。

小型限定普通二輪免許の魅力

小型限定普通二輪免許の魅力は、原付の嫌なところを全て取っ払っているという点だ。例えばこの免許によって乗ることの出来る125cc以下の小型二輪は50cc以下の原付にある法令制限(2段階右折・30km/hの速度制限)が解除される。

しかも原付と対して変わらない新車の値段。小型限定普通二輪免許について原付を購入する前に詳しく知っていれば、原付を買わないという選択肢ももしかしたらあったかもしれない。

さらに、小型限定普通二輪免許にはAT限定という普通自動車のような概念がある。これが、2018年6月に実施された道路交通法施行規則の一部改正によって、普通自動車免許を持っていると、AT小型限定普通二輪免許の教習が見直された。

なんと最短3日間だったというのも驚きだが、これが最短2日間で修了が可能になったのだ。

まとめ

ということで後半はすっかり小型限定普通二輪免許についての記事になったが、結論をまとめると、原付からすでに小型限定普通二輪免許に心が動いているという事をお伝えしたかった。

とはいえ、今すぐに小型限定普通二輪免許を取りに行って小型二輪を買いに行くわけにもいかないのでもう少し様子はみるが、小型二輪にはスポーツタイプもアメリカンタイプもあるため、車種を選んでいるだけでも楽しい。

また心境に変化があれば本ブログで共有しようと思う。

https://www.xdomain.ne.jp/

※当サイト(tamocolony)では極力最新の情報を掲載するよう努めていますが、掲載内容は最新のものと異なる、もしくは情報自体が誤っている可能性があります。当サイトにて記載している情報について、有用性や正確性、安全性についていかなる保証もするものではありません。
修正の必要や記事に関する質問がある場合は、当サイト問い合わせページよりお知らせいただけると幸いです。