ガジェット

AppleがM2 Macbook Proを販売した理由を考えてみる

Appleは6月6日にに開発者会議「WWDC」を開催。そこで今年登場予定の新しいOSや新しいデバイスを発表した。

WWDC 2022で大きく話題を集めたのが、M2チップを搭載したMacbookだ。

WWDC 2022で発表されたもの
  • iOS 16
  • watchOS 9
  • M2チップ
    • Macbook Air
    • Macbook Pro
  • macOS Ventura
  • iPadOS 16

WWDCに関する発表の詳細は他メディアが非常に参考になる。おすすめは以下。

7日のアップル「WWDC 2022」まとめ、iOS 16/iPadOS 16発表、注目の新機能32選!! [iPhone駆け込み寺] – ケータイ Watch (impress.co.jp)

WWDC 2022 | ゴリミー (gori.me)

M2搭載のMacbook AirとPro

Macbook Airには新色が多数登場し、MagSafeポートが追加。

さらに4スピーカーのサウンドシステムを搭載して、なんとフルHDの内蔵カメラを搭載する。

さらには高速充電にも対応し、完全なるPro仕様となった。

一方、Macbook Proに関してはハードウェア的な変更点はゼロ。M2搭載モデルが見た目そのままで発表されるという不遇な扱いを受けた。

個人的にMacbookを購入する上で、まず選択肢に上がらないのがTouch Bar搭載モデルだが、M2搭載のモデルはこのTouch Barまでも引き継がれる。

薄いけど高性能なProに近づいたMacbook Air
分厚い、重い、軽くないからMacbook Pro

今やこんなところではないだろうか。

AppleはなぜM2搭載Macbook Proを発表したのか

M2が搭載されたMacbook Proを買う理由は次のような理由が考えられる。

  • ノッチが嫌い
  • Touch Barが必要
  • 負荷の高い作業が多いのでファンが必要

正直このくらいしか思いつかない。

どうしてもMacbook Proでないと再現できないパフォーマンスがあるという方でない限り、ほとんどのユーザーはMacbook Airの購入がおすすめだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。