サービス・アプリ

【何が違うの?】Windows365?Microsoft365?Office365?それぞれの機能について

windows-microsoft-office-365

近頃Microsoftは「365」という言葉を用いたサービスをよく提供する。いつでもどこでも使えるよ、という様な意図でこの様な名前を使っているのかはわからないが、似たようなサービスがあまりにも多い。

名前を意識せずに使っているっていう人がほとんどだろうし、そういう人にとってはどれがどのサービスなのか整理がつかないい人も多いだろう。しかし、名称はわかりにくいにせよそれぞれのサービスはどれも言うまでもなく必須。

そこで本記事ではWidnows365、Microsoft365、Office365それぞれのサービスの概要について説明する。

ツイッターやってます。お問い合わせはこちらから。

Windows 365とは

windows-microsoft-office-365-2

Windows365は正式にはWindows 365 Cloud PCといい、2021年8月より本格的にサービスが始まったクラウドPCサービスのことだ。

執筆日時点(2021/08/04)では個人向けではなく、中小企業向けと大企業向けにサービスが展開されており、毎月一定料金を支払うことで、仮想のWindowsをどんなデバイスからでも実行できるサービスだ。

昨今の新型ウィルスの影響で、テレワークという働き方が急速に全世界で広まった。そんな時にこのWindows365を利用することで、社員はどんなデバイスからでもクラウドにある会社用のWindowsにアクセスして、仕事を行うことができる。

これまで社用パソコンが配られていて、そのパソコンを持ち運ばないと仕事ができないというのが一般的だったが、その社用パソコン自体がクラウド化され、そのクラウドにどんなデバイスからでもアクセスできる、というイメージだ。

windows-microsoft-office-365-2

具体的にはこんな感じ。

  • Before
    これまでは会社からパソコンを提供され、それぞれが家に持ち帰ったりしてそのパソコンで仕事をしていた。
  • After
    これからは、会社がWindows 365に契約することで社員は好きなデバイスからその契約しているクラウドにアクセスすればすぐに続きから仕事を始めることができる。

Windows 365については別記事にて詳細に解説を行う予定だ。

M1 MacはWindowsが使えないって本当?噂の真意を調査してみた

MacでWindowsを使う方法にはいくつかあるが、その中でM1 Macにも使える手法はあるのか。という点について調査した結果を下記の記事にて紹介しているので、機になる方はチェックしてみてほしい。

m1-mac-windows-4
M1 MacはWindowsが使えないって本当?噂の真意を調査してみた筆者は昔からWindows機だったりMacを使ったりと様々なOSがインストールされたパソコンをこれまで使用してきた。しかし、ネットワーク...

Microsoft365とは

windows-microsoft-office-365-3

Microsoft365は正式にはMicrosoft 365であり、毎月一定料金を支払うことでOfficeサービスを利用できるサービスのことだ。

いわゆるサブスクリプション契約のOfficeのことで、買い切りにはないOneDriveの容量特典だったり、契約することで最大5台までOfficeをインストールすることができるという特典がある。

macOSでもWindowsでも動作するというのが最大のメリット。買い切りの場合はOffice for Macという別製品を購入する必要があったが、Microsoft 365を契約することでその必要がなくなった。

企業向けにもこのWindows365が提供されており、Officeの新しいバージョンがきても社員が使うPCのOfficeをインストールし直す必要がない。また、サポートの期限についても支払いを行っている限り無制限となる。

Office365とは

windows-microsoft-office-365-4

Office365は正式にはOffice 365であり、サービス自体がMicrosoft 365に変わったMicrosoft 365の旧称のことだ。

個人的にはなんでOffice365からMicrosoft365に名称を変更したのかがわからないが、現状世の中に存在していないサービスという認識でよい。

まとめ

名称については似ているにも関わらず、どれもビジネスマン・及び中小企業にはほぼ必須のツールであることは間違いない。それぞれの違いを認識した上で、適切なツールを使用してみてはいかがだろうか。

Officeについては、Googleが提供しているOffice(Googleドキュメント / Googleスプレッドシート)KINGSOFT社が提供しているWPS Officeなども十分実用的ではあるので、無理に購入する必要はないかもしれない。


※当サイト(tamocolony)では極力最新の情報を掲載するよう努めていますが、掲載内容は最新のものと異なる、もしくは情報自体が誤っている可能性があります。当サイトにて記載している情報について、有用性や正確性、安全性についていかなる保証もするものではありません。
修正の必要や記事に関する質問がある場合は、当サイト問い合わせページよりお知らせいただけると幸いです。

POSTED COMMENT

  1. […] まずは、Microsoft365のトップページにアクセスする。 ▲結局Office365?Microsoft365?どっちなの? […]

  2. […] 米Microsoftは現地時間の6月16日に、個人向けのMicrosoft Defenderの提供を開始しました。そしてこのMicrosoft Defenderは、「Microsoft 365 Personal」に加入していると利用できるとのこと。 […]