Windows

USキーボードにて「Alt」キー単体で英語/日本語入力を切り替える方法


USキーボードは使いやすい。何が使いやすいかというと、キーボードという存在そのものの基準はこのUS(英字)型キーボードであることから、キーボードの中心を捉えやすくタイピングしやすいという点だ。

しかし、あなたが少しでも日本語を入力する事があるのであれば英字キーボードを使っていて一度は思ったことがあるのではないだろうか。

「英語と日本語の切り替えがめんどくさい…。」

今回の記事ではそういった方に向けて、Altキーで英語と日本語の切り替えを可能にする設定手順を紹介する。

ツイッターやってます。お問い合わせはこちらから。

alt-ime-ahk.exeのソースコードをダウンロードする

  1. 「karakaram-blog」においてダウンロードページにアクセスする。
  2. 下図において「こちら」と記載されているリンクをクリック。
  3. 最新版をダウンロードします。今回の場合はv0.4.2をダウンロードしよう。
  4. 下図の画面において、「alt-ime-ahk.zip」をダウンロードして解凍すると通常通り、「右Alt」で日本語、「左Alt」で英語入力に切り替えられる「alt-ime-ahk.exe」がダウンロードできる。しかし、今回は「Source code(zip)」をダウンロードしよう。

alt-ime-ahk.exeのソースコードを編集する

  1. 1ダウンロードしたソースコードのフォルダより、「alt-ime-ahk.ahk」を開く。
    ※「秀丸」や「メモ帳」などのエディタソフトで開くことが可能だ。
  2. 左のAltキー単体で切り替えを行いたい場合は109行目以降を下記のように書き換える。
    ※右のAltキー単体で切り替えを行いたい場合は、先程のコードにおける「LAlt」という文字列を「RAlt」に全て変更しよう。

  3. 保存して本手順は終了。

AutoHotKeyをダウンロードする

  1. 「freesoft100」においてダウンロードページにアクセスする。
  2. 「ダウンロード」ボタンを押下する。
  3. 「提供元サイトからダウンロード」リンクをクリック。
  4. 最新版をダウンロードしよう。今回の場合は、「AutoHotkey 1.1.*」をダウンロードする。
  5. 「Last modified」を2回クリックし、一番上に表示されたものをクリック。
    ※ちなみに2回クリックにより、日付の降順になる。
  6. ダウンロードしたものを解凍する。

AutoHotkeyにより、片手で切り替えることのできるexeファイルを作成する

  1. 先程解凍したAutoHotkeyのフォルダより、「Ahk2Exe.exe」をダブルクリックにて開く。
  2. 「Source(script file)」という部分の「Browse」ボタンをクリック。
  3. 先程編集した「alt-ime-ahk.ahk」を選択する。
  4. 「>Convert<」ボタンを押下します。
  5. すると、「alt-ime-ahk」のソースコードが保存されているフォルダに「alt-ime-ahk.exe」というexeファイルが作成されている。
  6. これを実行することでAltキー単体のみで英語/日本語入力を切り替えることができるようになる。
    ※スタートアップに保存すると毎回実行することなくPCを起動すると自動で設定が反映されるようになるのでおすすめだ。

まとめ

本作業によりAltキーを押すだけで英語/日本語の切り替えが可能になる。Macに使い慣れている人にとっては純正のままインストールしてもいいかもしれないが、Windowsユーザーにとっては切り替えキーが2つあるのにはならないと思い、本手順を紹介した。
https://www.xdomain.ne.jp/

※当サイト(tamocolony)では極力最新の情報を掲載するよう努めていますが、掲載内容は最新のものと異なる、もしくは情報自体が誤っている可能性があります。当サイトにて記載している情報について、有用性や正確性、安全性についていかなる保証もするものではありません。
修正の必要や記事に関する質問がある場合は、当サイト問い合わせページよりお知らせいただけると幸いです。

POSTED COMMENT

  1. […] 購入当初は「え、これ日本語と英語どうやって切り替えるの…」と苦戦を強いられたが、Capsキーに割当や、「Option + スペース」などに割り当てることで簡単に切り替えができた。 ※WindowsだとJIS配列のMacのような割当が簡単にできるのだが… […]