Mac・Apple

M1 MacはWindowsが使えないって本当?噂の真意を調査してみた

m1-mac-windows-4

僕は昔からWindows機だったりMacを使ったりと様々なOSがインストールされたパソコンをこれまで使用してきた。しかし、ネットワークエンジニアという職種上どうしても本業ではWindowsを使っていたため、自宅ではMacbookを使い、両刀使いになっておこうということでMacを使っている。

その1つの決め手だったのが、Macは色んな手を使えば1台でWindowsとMac両方触ることができるけど、WindowsにMacを入れることはできないから。これが最大の理由だった。

その流れでこの度2020年度末にAppleのM1チップを搭載したMacbookを購入したんだけど、どうも調べるとこのMacにはWindowsがインストールできないという噂が存在する。その真意は本当なのか調査した結果をこの記事で共有する。

ちなみに今回購入したものはこれ↓↓

ツイッターやってます。お問い合わせはこちらから。

MacでWindowsを扱う方法

そもそもMacにWindowsをインストールする手法としてこれまでどのような手段があったのかを考えてみる。

僕が知る限り大多数の方は下記のような方法でMacにWindowsをインストールしていたのではないだろうか。

  • Boot Camp
  • Parallels Desktop

それぞれについて順に説明していく。

MacにWindowsをインストールする手法①Boot Camp

最も有名なのがこの手法。なんとMacの純正機能によりWindowsのインストールができる機能だ。

Mac端末には「Boot Campアシスタント」というアプリケーションが最初からインストールされており、USBなどにWindowsのisoファイルをダウンロードしておくことで簡単にWindowsをインストールすることができた。

Boot Campのメリット・デメリット

Boot Campのいいところは完全にWindows機として機能するところ。起動するときに「Option」キーを押しっぱなしにすることで、macOS・Windowsどちらを起動するかを選ぶことができて、選んだらメモリやCPU・GPUが100%選択したOSに対して動作する。

皮肉だが、デメリットとしては片方のOSしか起動できないこと。Macを触りながらWindowsを触ったり、ファイル間の移動を簡単に、ということはBoot Campでは不可能だ。

MacにWindowsをインストールする手法②Parallels Desktop

Boot Campのデメリットだった2つのOSを同時に起動できないという点を解消したのがこのアプリケーション。なんとMacのアプリケーション上でWindowsが起動するというもの。

アプリケーション上でWindows動作するから、アプリを切り替えるようにWindowsとMacを行き来する事ができる。

Parallels Desktopのメリット・デメリット

上述したように、Parallels Desktop最大のメリットはアプリケーション上でWindowsが動作することだ。

Parallels Desktopのデメリットはやはり値段と設定の難易度。値段は買い切りの場合執筆日(2021/07/26)時点で9,818円。しかし買い切りの場合無償アップデートを受けることができない。

無償アップデートを受けることができる手法としては、今流行りのサブスクリプション(毎月課金)なのだが、これが年単位で8,345円となっている。開発者などMacとWindowsを使う必要がある人にとってはすぐに元をとれる値段かもしれないが、そもそもWindowsをインストールする場合WindowsのOSも購入する必要があるため、安価とは言えない。

M1 Macの仕様

さて、前置きが長くなったがM1 Macbookはこの大きな2つの手法は果たして利用できるのか解説していく。

結論から言うと、M1 MacはParallels Desktop 16 for Macを利用することでWindowsをインストールすることが可能だ。

M1 MacでBoot Campを使う→失敗

M1 Macbookにも実はBoot Campアシスタントがデフォルトでインストールされている。しかし、実際にBoot Campを利用しようとするとこのようなエラーが表示される。

▲じゃあなぜこのアプリケーションを入れているんだ?

M1 MacはAndroid Studioを実行した際にも不具合が

一部の開発者にしか伝わらないかもしれないが、M1 MacbookでAndroid Studioを実行しようとすると、そのままの環境では実行ができない。

M1 MacでJavaが実行できない時の対処方法 さて、タイトルの通りM1 MacbookでAndroid Studioを起動し、KotlinのREPLを利用しようとしたところ、...

M1 MacでParallels Desktop 16 for Macを使う→成功!しかし・・・

なんと、Parallels Desktopはやってくれた。素早い対応でM1 MacbookにParallels Desktop 16 for Macをインストールすることにより、Windowsのインストールが可能となった。

しかし、1つだけ注意点がある。技術的説明は省くがこのWindows上で動作するアプリケーションは32bit版のアプリと、一部のストアアプリのみという制限がある

そこにさえ注意すれば、M1 MacbookにてWindowsを利用することが可能だ。

まとめ(結論)

本記事では本当にM1 MacbookにてWindowsを利用することはできないのか、という点について解説した。

結論、制限付きであればParallels Desktopを利用することでWindowsを起動することができる

この制限付きのWindowsについてはまた別記事で紹介するので気になる方はチェックしてみてほしい。


※当サイト(tamocolony)では極力最新の情報を掲載するよう努めていますが、掲載内容は最新のものと異なる、もしくは情報自体が誤っている可能性があります。当サイトにて記載している情報について、有用性や正確性、安全性についていかなる保証もするものではありません。
修正の必要や記事に関する質問がある場合は、当サイト問い合わせページよりお知らせいただけると幸いです。