iPhone14は果たして買いなのか。iPhone 13と比較して概要について解説

今年もiPhoneの新シリーズ発表の時期がやってきましたね!この話題が挙がると「夏が終わるな…」と感じます。

さて、今回の発表会についてですが、まずTwitterのトレンドで下記のようなものを多く見かけませんでしたか?

#Lightning
#Type-C
#指紋認証

筆者的には、iPhoneに対してずっと思ってきたことでしたが、ついにそこまでケーブル端子事情やガジェット系に詳しくない人にとっても、Lightningケーブルに不満を感じ始めたのか、と思いました。

だって、普通に生活しているとUSB-Cだの、Micro USBだの、あまり意識しないですよね?

それだけ、他の家電製品やガジェット類にType-Cが普及しているんでしょうね。

さて、本記事ではiPhoneの新製品であるiPhone 14シリーズについて、情報をまとめていきます。

ツイッターやってます。お問い合わせはこちらから。
目次

Appleの発表会まとめ

9月8日にAppleの新製品が多数発表されました。ざっくり発表会の内容をまとめると、次の通りです。

※iPhoneに関連する部分のみ抜粋しています。

  • iPhone 14 発表
  • iPhone 14 Plus 発表
  • iPhone 14 Pro 発表
  • iPhone 14 Pro Max 発表
  • iPhone 14 の米国版は物理SIMを廃止して、eSIM専用に
  • iPhone 14 から衛星通信による緊急時の位置情報共有に対応
  • iPhone 14 シリーズはLightning端子継続
  • iOS 16 が近日登場

iPhone 14 シリーズの価格について

円安による価格が高騰している最中に発表されたiPhoneシリーズですが、気になる価格は…?

Apple Storeでの金額は次のとおりです。

iPhone 14 : 119,800円〜
iPhone 14 Plus : 134,800円〜
iPhone 14 Pro : 149,800円〜
iPhone 14 Pro MAX : 164,800円〜

各キャリア、様々な値引き手段を用意していることから、どこで購入すれば最安かというのは一概には言えません。

しかし、現時点では楽天モバイルのUN-LIMIT ⅤⅡの申し込みと同時にiPhoneを購入した場合、最大で24,000ポイントもの還元が実施されています。

iPhone 14 と iPhone 13を比較!…どこが違うの?

mini シリーズの廃止、そして Plus シリーズの登場

iPhone 13 では一部の層に刺さっていた mini シリーズが発売されていましたが、iPhone 14ではこれが廃止。代わりに6.7インチの大画面モデルである iPhone 14 Plus が登場しました。

やはり mini シリーズ、売れていなかったんですね…たたき売りされていた時期の賑わいが懐かしい。

Plus シリーズ自体はこれまでのiPhoneにも登場しており、単純に画面サイズとバッテリー容量が向上したモデルとなります。

新色の登場

iPhone 14 シリーズでは新色として、「パープル」そして「ディープパープル」が登場しました。ディープパープルについては Pro モデル専用となり、かなり濃い目の色合いに仕上がっています。

カメラ性能の向上

iPhone 14 ではカメラ性能が全体的に向上。メインの広角カメラが大幅に向上しています。Pro モデルではなんと最大画素数が4,800万画素に。Androidの勝ち目の一つであったカメラ性能に対して、ここにきて対抗してきた印象です。

さらにアウトカメラの性能向上と合わせてインカメラについても性能が向上。インカメラにおいてもオートフォーカスが対応するようになったので、これまでよりキレイな自撮り写真が撮れるようになります。

メモリ性能が向上

iPhone 14 シリーズは、全てのモデルに6GBのメモリが搭載されます。ただでさえメモリの振り分けが上手だったiPhoneシリーズですが、これまでよりさらに高負荷な処理に耐えられるようになります。

しかし、この性能差を感じる人がどの程度いるのか…と疑問を抱きかねません。

iPhone 14シリーズは買うべき?

かんたんにiPhone 14 シリーズについて紹介しましたが、果たしてiPhone 14 シリーズは”買い”なのでしょうか。

個人的な感想ですが、最新のiPhoneが欲しい人とProモデルの新機能が気になるという方は買うのをおすすめできるなーという印象です。

というのも、iPhone 14 シリーズの無印〜Plusモデルについては圧倒的な性能の向上はしていません。実際にはメモリやカメラ性能などが向上しているのは確かですが、どれも一般人がふつーに利用していると体感できる機会が少ないでしょう。

しかし、Proモデルの4,800万画素は魅力的です。iPhoneを使いながらこれまでより圧倒的にきれいになった写真を撮りたいと考えている人にとってはよい製品だと思います。

冒頭ではなしたように、Lightningケーブルでの充電は継続ですし、指紋認証も搭載されません。それでもやっぱりiPhoneの新製品というのはプレゼンがあまりにも魅力的なので、購買欲をそそられる気持ちも否定できないのが正直なところです。

まとめ

今回の記事では、Appleによって新たに発表されたiPhoneシリーズの概要を紹介しました。本当はiPhone 13 Proも持っている筆者としては購入して比較などを行いたいのですが、価格面から今回はリタイア。

他の方の検証動画を見つつ、AppleがType-Cを採用した頃に購入しようかな、という印象です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次