ガジェット

【実機レビュー】HP Spectre x360 14はWindows10に入れ替える事で快適になる

2020年12月8日より発売が開始された「HP Spectre x360 14ea」を購入した。

ちょうど手軽に持ち運びできる手頃なサイズ感で、見た目がかっこよく多機能なWindows PCを探していたらこのPCに出会ったが、結果としてかなり満足している。

M1 Macbookに満足しているのにWindows機への移行を考えてしまう理由あけましておめでとうございます。今年もゆっくりとブログ更新していきます。 さて、本ブログではM1 Macbookに関する記事を数多...

本記事では、少し前に発売された「HP Spectre x360 14ea」の概要から、なぜこのPCを購入したのか、などについて紹介していく。

ツイッターやってます。お問い合わせはこちらから。

HP Spectre x360 14eaのデザイン・外観

何よりも目を引くのは、高級感のある美しい外観だろう。

シャープにカットされた側面、まさにHPのプレミアムノートを表した高級感のある素材と配色、そこに表面には堂々とした金色でHPのロゴが光る。

今回購入したのはポセイドンブルーという、少し青みがかった配色のモデルだ。

HP Spectre x360 14eaにはカラーが2つ用意されている。

アッシュブラック
ポセイドンブルー

個人的にはポセイドンブルーの方が「普通じゃない」PCという印象を受けたので選択したが、どちらも金色と非常にマッチした配色と言えるだろう。

HP Spectre x360 14eaのスペック

HP Spectre x360 14eaは多くのモデルが用意されており、基本的には6種類の中から選ぶことになる。

液晶の種類からメモリ、ストレージ、CPUなど細かく分かれているが、きれいに比較したいという方は公式HPの比較表を見るといいだろう。

個人的には、3K2Kのディスプレイ、512GBのストレージ、i7のCPU、16GBのメモリというのが最低条件だったことから、パフォーマンスプラスモデル【S5】を選択した。

購入したPCのスペックは下記の通り。

OS Windows 11 Pro
プロセッサー 第11世代 インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー
インテル® Evo™ プラットフォーム
カラー ポセイドンブルー
メモリ 16GB
ディスプレイ 13.5インチ・3K2K OLED (光沢)・タッチディスプレイ
※アンチリフレクションコーティング仕様
グラフィックス インテル® Iris® Xe グラフィックス
ストレージ 512GB M.2
質量 約1.36KB
バッテリー 最大10時間30分
Office なし

HP Spectre x360 14を買う際に気をつけるべき事

この時代、どのメーカー、どのモデルを選んでもある程度のスペックは担保されていると言える。その分、余計にパソコンの知識に明るくない方はどれにすれば良いのか悩むことになるだろう。

実際、HP Spectre x360 14を見つけた後に、更にどのモデルを購入するのか悩むことになった。ここでは、このパソコンに対してどういった点で悩んだのかという点について共有しておく。

ディスプレイの解像度を選ぶ必要がある

 HP Spectre x360 14において最も意見が分かれるのが、ディスプレイだ。

WUXGA液晶モデル
  • 1,920 x 1,080
  • プライバシーモード搭載
有機ELモデル
  • 3,000 x 2,000

一般人が体感できる明らかな違いは上記のとおりだ。

  • 圧倒的に解像度が高くて(画面が綺麗で)少し値段が高くなる有機ELモデル
  • 画面は普通でいざという時に画面の覗き見防止機能がついた少し安いWUXGA液晶モデル

この違いでいいだろう。

この2つで有機ELモデルを選んだわけだけど、単純に20万円を切るノートパソコンで3,000 x 2,000の解像度を搭載しているなんて、一昔前では考えられないことだったんだ。

そんな興味もあって、有機ELモデルという選択をした。

今Spectre x360 14を購入するとWindows11がインストールされる

皆さんはWindows11に使い慣れただろうか。

2020年末に発売されたPCに、ハードウェア要件がある程度絞られるWindows11がプリインストールされて届くということは、”良い事”として捉えるべきなのだろう。

しかし、個人的にWindows11がどうもしっくりきていない。というか、Windowsらしさを少し削ったOSと感じてしまう。
(好きなゲームの続編をプレイしたらファミリー向けになっていた、みたいな)

それはあくまでもGUIの話。もちろん機能面というか、個人的に利用するソフトがWindows11でまともに動かない、という事が多いことが最も大きい理由だ。

ではどうするか、Windows10にダウングレードして使用している。これを行うことによりHPのサポートが受けられなくなる、などの影響が気になったので、早速HPサポートに電話してみた。

セイタモ
セイタモ
Windows10を手動でインストールしてもいいんですか?
HPサポート
HPサポート
構いませんよ!それでサポートしないということはありません
セイタモ
セイタモ
ちなみにHP純正のソフトやドライバーってどこかでダウンロードできますか?
HPサポート
HPサポート
できますよ!場所はですね…

というノリで、あっさりOKをもらった。

ここから。自分で持っていたISOからインストールを実施し、Windows10をダウンロードして、HPの純正ドライバーやソフトをインストールすることで、かなり快適にこのパソコンと向き合うことができるようになった。

タッチペンは使わない

HP Spectre x360 14には、アクティブペンというペンが付属する。

セイタモ
セイタモ
正直このペンが付属する点は感動する。Microsoftには見習ってほしい。

実際に書いてみるとかなり書きやすく、プレゼン資料や簡単なお絵かきにも手軽に使えて便利………

と言いたいところだが、プレゼン資料に手書きペンで書き込んだり簡単なお絵かきなんて普段からすることなんかまずないから、このペンは特に必要ないかな。

総評

結果、ほとんどの人にとって最高のWindows PCだと思う

色んなパソコンのレビューが存在するが、実際現行のPCで10万円を超えるPCを購入した時、不満に感じることは(一部のPCを除いて)ないだろう。

ストレージがM.2だし、メモリも16GBあるし、フラフィックがIris® Xeを搭載しているので動画編集だってできる

それに加えて何よりも見た目が圧倒的に良いので、所有感を満たしてくれる。このパソコンが机に置いてあるのを見ると、とりあえず開いてみたくなる。

そういった魅力あるパソコンだと個人的には感じている。

少しでも興味をもった方はぜひ、検討してみてはいかがだろうか。

HP Spectre x360 14-ea 製品詳細 – ノートパソコン | 日本HP

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。