Lenovoから「ThinkPhone」誕生!ThinkPadとの連携も可能

Lenovoは、CES 2023にてAndroidスマホ「Lenovo ThinkPhone by Motorola」を発表しました。

Lenovo傘下のMotorolaが開発に協力しており、ThinkPadブランド30周年を記念したビジネスモデルとなっています。

ThinkPadと連携するための機能として「Think 2 Think」機能を搭載し、クリップボードや通知の統合、PC上でのAndroidアプリケーションの実行、内蔵カメラの連携などが可能。

近くにあるThinkPadとの自動Wi-Fi接続や、スマホ/PC間でのファイルのドラッグ&ドロップ機能も!

端末側面にはThinkPadを彷彿とさせる赤いキーを備えており、1キーでのアプリ起動など機能をカスタマイズすることができます。

セキュリティ面では、セキュリティプラットフォーム「ThinkShield」を採用。

SoCとは独立して動作する「Moto Keysafe」や、AIベースのセキュリティソリューション「Moto Threat Defense」を搭載することでセキュリティ層を強化しているとのことです。

現在判明しているスペックは以下の通りです。

ThinkPhoneの基本スペック
  • Snapdragon 8+ Gen1
  • 6.6型フルHD+有機ELディスプレイ
  • メモリ8GB/12GB
  • ストレージ128GB/256GB/512GB
  • バッテリー5000mAh
  • 5000万画素カメラ

ThinkPhoneは、米国、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東、オーストラリア、アジアの一部地域で、数か月以内に発売される予定となっています。

日本国内での発売は明言されていません。

※当サイト(tamocolony)では極力最新の情報を掲載するよう努めていますが、掲載内容は最新のものと異なる、もしくは情報自体が誤っている可能性があります。当サイトにて記載している情報について、有用性や正確性、安全性についていかなる保証もするものではありません。
修正の必要や記事に関する質問がある場合は、当サイト問い合わせページよりお知らせいただけると幸いです。

コメント

コメントする

目次