Office

Googleスプレッドシートで条件付き書式をセルだけでなく行全体に適用させる方法

Excelを保有していなくても、Googleアカウントさえあれば「Google Sheets」(通称:スプレッドシート)を利用することで使い勝手は異なるが、互換性のあるオンラインのデータを作成することができる。

前回の記事で紹介した条件付き書式をセル単位ではなく行全体に適用させる方法だが、これをスプレッドシートでも再現することが可能だ。

ということで、本記事ではそんなスプレッドシートにて条件付き書式を、セル単位ではなく行全体に適用させる方法を紹介する。

ツイッターやってます。お問い合わせはこちらから。

操作手順

想定環境

Excel版の記事と同様、下図のように、「列2」に”可”と記載されている行にのみ行ごと背景色などを設定する。

  1. 対象とする範囲を全て選択する。
  2. 選択した状態で「表示形式」タブにある「条件付き書式」を選択する。
  3. 条件の設定画面が表示されるので、「書式ルール」にて「カスタム数式」を選択する。
  4. 「カスタム数式としてExcel版と同様、「=$B3="可"」と入力し、書式を任意に設定して「完了」ボタンを押す。
    ※なお、このときB3という値は選択した範囲における条件分岐させたい場所となる。
  5. 手順通り設定が完了すると、列2に”可”と記載された行全体に条件付き書式が設定されていることが確認できる。

Excel版での操作方法

今回の記事ではGoogleスプレッドシート版の操作方法をお伝えしたが、Excelで同じ操作を行う場合の操作方法を下記の記事にて紹介している。条件付き書式に使い方がGoogleスプレッドシート版とかなり違うので、念の為チェックしてみてほしい。

Excelで条件付き書式をセルだけでなく行全体に適用させる方法Excelで条件付き書式をマスターしておくと、非常に表作成の効率が向上する。例えば「もし日付が今日の日付と同じだった時、その行全体に色を...

まとめ

今回の記事ではスプレッドシートで条件付き書式を設定した時、指定した条件に当てはまった場合に行全体にその書式を適用させる手順を紹介した。

選択する範囲を作成済みの表だけでなく列全てなどに設定しておくと、この先も「可」と記載されると自動で書式が設定されるのでおすすめだ。

https://www.xdomain.ne.jp/

※当サイト(tamocolony)では極力最新の情報を掲載するよう努めていますが、掲載内容は最新のものと異なる、もしくは情報自体が誤っている可能性があります。当サイトにて記載している情報について、有用性や正確性、安全性についていかなる保証もするものではありません。
修正の必要や記事に関する質問がある場合は、当サイト問い合わせページよりお知らせいただけると幸いです。