サービス・アプリ

【高すぎ】Windows365の契約解除方法を紹介

Windows365というサービス。どんな端末であってもネット環境さえあればWindowsを起動できる便利なサービスだ。

便利なサービスであることは間違いないが、価格が少々高め(法人向けだからね)。

それ故に個人で試してみて、もう契約を解除したいという方もいるのではないだろうか。

そこで今回の記事では、Windows365の契約解除手順について紹介する。

ツイッターやってます。お問い合わせはこちらから。

Windows 365とは?

冒頭で言ったように、Microsoft365はネット環境さえあればいつでもWindowsを起動できるクラウドサービスだ。

▼詳細は下の記事で解説しているので参考にしてみてほしい。

about-windows-365
Windows365とは?個人向けには使うのはありなのか 昨今はまさにクラウドの時代。クラウドを使ってオンラインストレージだけでなく、様々なサービスが稼働している。そんな中、Micr...

Windows 365 | 契約解除手順



上で紹介した記事でも紹介しているように、Windows365自体は基本は法人向けのサービス。

筆者自身も契約はしたが、個人向けにしてはあまりにも利用料が高額なので解除しようと思っている。

そこで、実際に解除する様子を画像つきで紹介していこう。

  1. まずは、Microsoft365のトップページにアクセスする。
    ▲結局Office365?Microsoft365?どっちなの?
  2. 次に右上にあるメニューを開き、「管理」を開く。
  3. Microsoft 365の管理センターが開くので、右のメニューより「課金情報」-「お使いの製品」ページを開く。
    ▲Office365からMicrosoft365に変わってるじゃん
  4. 使っている契約の一覧に、Windows 365があるので「」を押してメニューを開いて、「サブスクリプションのキャンセル」を選択する。
  5. サブスクリプションのキャンセルを行うには、キャンセルする理由を記載する必要があるので記載して、「サブスクリプションのキャンセル」ボタンを押す。
  6. きちんとキャンセルができると、下図のような画面になるのでこれで契約解除が完了だ。

まとめ



今回の記事ではWindows365の解除手順を紹介した。ざっくり紹介すると下の通りだ。

  • 契約解除はMicrosoft 365の管理画面から行う
  • 契約解除にはアンケートの回答が必須
  • 最後の支払いから1ヶ月は利用可能

タイトルに「高すぎ」と記載したが、実際法人向けのサービスなので高額なのは仕方がない。

そして今回の記事でも「Microsoft 365」「Windows 365」「Office 365」という言葉が出てきた。

それぞれの違いについては下記の記事も参考にしてみてほしい。

windows-microsoft-office-365
【何が違うの?】Windows365?Microsoft365?Office365?それぞれの機能について 近頃Microsoftは「365」という言葉を用いたサービスをよく提供する。いつでもどこでも使えるよ、という様な意図でこの様...