Windows

Windows 11が発表!いつから無償アップグレード可能なのか

when-windows-11-1

少し旬を過ぎたテーマかもしれないが、少し時間が経った方が情報に正確性が出るだろう。あれだけWindows 10以降のOSは出さないと公言していたMicrosoftがこうもあっさりとWindowsの時期OSを発表してしまった。

これにはそれなりの理由があるのだろうが、とにかく我々ユーザーは「新しいWindows使いたい!早く使わせてよ!」と思っているので、その点を調査した結果を本記事で紹介したいと思う。

(本記事の画像は全てMicrosoft社のWindows 11関連ページを使用しています。)

ツイッターやってます。お問い合わせはこちらから。

Windows 11が正式発表

Microsoft社は2021年6月24日の発表会にてWindows 10の後継OSとなる「Windows11」を発表した。このWindows11については新しいパソコンから実装開始、というわけでなく、Windows10からの無償アップグレードを提供すると公言している。

Windows10の提供開始が2015年7月29日なので、約6年半ぶりの新OSとなっている。繰り返しになるが、この時に「年2回機能の更新アップデートによって機能を更新・追加する代わりにWindows10が最後のバージョンとなる」と公言していた。

Windows11の発表によりこの公言が覆されたことになるが、果たして本当にその価値があったのか。

Windows 11の特徴

各メディアにおいては、Windows11の特徴として次のように紹介されている。

  • デザイン性
  • 生産性
  • 接続性
  • ゲーミング
  • Webアクセス
  • ストア

特にデザインについては(Macの様だという意見も多数見受けられるが)非常に綺麗で、タスクバーに設定したアプリが中央に行くなど、これまでのOSからは想像ができないほど変更点が多いものになっている。

また、これまでの機能の変更点に加えて新しい機能というのも多数追加されている。詳細な機能については後ほど詳しく解説するが、僕個人的にはWindows11搭載のパソコンが発売されたらすぐに購入するつもりだ。

やはりはじめてWindows11を搭載したモデルはSurfaceになるのだろうか?

Windows 10はいつまでサポートされるのか

ここまで新しく登場するWindows11について紹介したが、Windows11にアップグレードできないWindows10を利用している方もいるだろう。

そんな人達はいつまでにパソコンを買い換える必要があるのか。じつはMicrosoftはこれに対して1つ公言している事がある。

2025年10月14日まで、少なくとも1つのWindows10半期チャネルを引き続きサポートする

とのことなので、少なくとも2025年までに2回以上の機能更新大型アップグレードがあるのではないか、と予想できる。しかし、これもあくまでも予想。次回のWindows10のバージョンを2025年10月14日までサポートし続けるという可能性も否定できない。

Windows 11の新機能

ここではWindows11の新機能の中でも特にオススメのものを紹介する。

Windows 11の新機能①Androidアプリが利用可能に

なんとWindows11ではAndroidアプリが利用できるようになる。これによりMicrosoft StoreでAndroid向けのアプリを検索できるようになる。それだけでなく、Kindle FireHDで利用可能なAmazon Appstoreを経由してWindows11にアプリをダウンロードすることも可能だ。

これは完全にChromebookの普及の対抗策といえる。Chromebookのシェアは凄まじい勢いであるため、Microsoftが早めに対抗策を練ったと言えるだろう。

Windows 11の新機能②Snap Layouts、Snap Groups、Desktops

個人的にもっともきになっているのが「Desktops」である。この3つの機能の主な概要は、ウィンドウを更に簡易的に整理することで画面スペースをより快適化しし、必要な情報だけを視覚的に表示できる。

さらにDesktopsの機能として、生活のさまざまな局面に合わせて別々のデスクトップを用意することができ、好みに合わせてカスタマイズが可能。

つまり、仕事用・ゲーム用・学校用にそれぞれ別のデスクトップが1ユーザーで作成可能になるというすごい新機能だ。

Windows 11の新機能③Teamsのチャットがタスクバーに

2019年末より猛威を振るったウィルスの影響により、世界各国の大企業は「会わないミーティング」という形式の実現に力を注いでいた。このMicrosoftの新機能はもはやこの「会わないミーティング」が世の中の1つの働き方として定着する未来を見据えての判断ではないかと受け取れる。

Microsoft社のTeamsもそんなアプリの1つで、Windows11ではチャット機能がタスクバーに結合される。どこにいても、テキスト、チャット、音声、ビデオで連絡先の相手とすぐに連絡を取り合える、というコンセプトの元開発されたようだ。

Windows 11はいつから無償アップグレードできるのか

ここまでの紹介でWindows11を使ってみたいと、興味をもってくれた方も多いのはないだろうか。Windows11のアップグレード時期について近しい質問への回答を紹介する。

Q.Windows11を搭載したPCはいつから購入できますか?
A.Windows11を搭載したPCは今年(2021年)後半に発売される予定です。

これらを推測し、ネット上では2021年10月頃に提供が開始されるのではないか、という噂が最も濃厚だ。ちなみに2021年10月には新型Macbook Proが発表されるのではないかという噂もある。

Windows 11へのアップグレード方法

「正式リリース前にWindows11を使ってみたい」という方は、Windows Insider Programに参加することで先行アップグレードすることができる。

一足先にWindows 11を使ってみた!条件さえ合えば誰でもアップグレード可能このブログではWindows 11やWindows 365など、Microsoftに関する新しい情報を発信をしてきた。こうなればWind...

まとめ



本記事ではMicrosoftから発表されたWindows11について紹介した。機能の更新に加えて新機能が盛りだくさんの新OSには期待したいところだ。

発売時期や、詳しい情報が入り次第当ブログでまた紹介しようと思う。

https://www.xdomain.ne.jp/

※当サイト(tamocolony)では極力最新の情報を掲載するよう努めていますが、掲載内容は最新のものと異なる、もしくは情報自体が誤っている可能性があります。当サイトにて記載している情報について、有用性や正確性、安全性についていかなる保証もするものではありません。
修正の必要や記事に関する質問がある場合は、当サイト問い合わせページよりお知らせいただけると幸いです。