携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」の国内出荷日が決定!いよいよ日本上陸へ

ValveおよびKOMODOが「Steam Deck」の日本への出荷を12月17日に開始すると発表しました!

すでに日本での展開は告知されていましたが、今回ついに出荷日が決まった形です。 

「Steam Deck」は、Valveが2021年7月に発表した携帯型のゲーミングPC

本体中央には7インチのタッチスクリーン、左右にはスティックコントローラーやトラックパッドを装備し、本体上部や背面にもトリガーやボタンが配置されています。

プロセッサーには、AMDと共同開発したカスタムAPUを搭載。

また、Linuxをベースとした最新バージョンのSteamOSがプリインストールされていて、Windows向けのゲームはProtonと呼ばれる互換レイヤーによって動作するようになっています。

Switchみたいな見た目だけど中身はPC!

価格は一番安い64GBのモデルで59,800円から。

国内向けには2022年8月に予約の受付を開始していて、すでに注文していたユーザーには12月1日以降、順次注文確定メールが送付されるとのこと。

海外では予約なしでも購入できるそうですが、日本ではしばらく手に入りにくい状況が続きそう。

気になる方は早めに予約をしておいた方がいいかもしれません。

※当サイト(tamocolony)では極力最新の情報を掲載するよう努めていますが、掲載内容は最新のものと異なる、もしくは情報自体が誤っている可能性があります。当サイトにて記載している情報について、有用性や正確性、安全性についていかなる保証もするものではありません。
修正の必要や記事に関する質問がある場合は、当サイト問い合わせページよりお知らせいただけると幸いです。

コメント

コメントする

目次